「TOYOTA ALTEZZA(アルテッツァ)」1月10日今日のショット

「TOYOTA ALTEZZA(アルテッツァ)」
d0019260_1305372.jpg

ある日のこと、久しぶりに車関係の後輩から携帯に電話がかかってきた
僕「よう!^^ひさしぶりだね!どうしてた?」
後輩「どうもご無沙汰してしまって^^; 順調ですよって何が順調なのか良く分かりませんが(笑)」
僕「で、どうしたよ?^^たまには呑みに行きましょうってか?(笑)」
後輩「あはは^^いいですね! って、実は・・・今度アルテッツァ売っちゃうんですよ」
僕「そう・・・そういえば長く乗ったねぇアルテッツァ どのくらい乗ったっけ?」
後輩「はい・・・そうですね・・・8年ですかね 実は、子供も出来ましたし・・・
出かけるときは1Boxが便利ですし・・・それに、カミさんが運転するもんでA/Tの方が良いかなって・・・」
僕「そう・・・だよなぁ」

そうなのだ・・・昔、峠なんかを一緒に走り回っていた仲間達・・・
今はすっかりオジサンになり、殆どの者がスポーツカーへの憧れを抱きながらファミリーカーに乗り換えているのだ
それぞれの都合・・・複数台所有は・・・なかなか出来ないのだ
この後輩は、アルテッツァに乗る前は人気アニメ「イニシャルD」でもおなじみの
AE86レビン・・・トヨタの懐かしの名車とも言って過言ではないカローラレビンに乗っていた
当時、僕もこのAE86レビン、トレノが好きで4台を乗り継いだ・・・まぁ、類友というかなんというか・・・

その後輩がある日、自慢げにこの新車のアルテッツァを見せびらかしにやって来た(笑)
後輩「エンゾさ~ん!新車買っちゃいました!^0^」
今でもそのはちきれんばかりの笑顔が忘れられない・・・
しかし・・・その後まもなく後輩は仕事の都合で、転勤や部署変え
人生の一大イベントである結婚など色々な事があり
この間、あまりアルテッツァに乗って何処かに走りにゆくことが出来ずじまいだった
いよいよ・・・これまでの思い出と共に愛車を手放してしまうことになったのだ・・・

後輩「それで・・・なんですけど エンゾさん記念にアルテッツァ撮ってもらえませんか? 国産は・・・ダメですか?」

最近、個人のクライエントさんで「自分の車を記念に撮ってくれませんか?」
という仕事が増えて来ている・・・もちろんお引き受けさせていただいているのだが
後輩は、どこから聞きつけてきたのか依頼をしてきたのだ・・・

僕「何言ってるんだよ、お前の車だろ(笑)良いに決まってるじゃん^^
それに撮ってくれと言われりゃなんだって撮るさ!(笑)
それに・・・ギャラは・・・晩飯腹いっぱいでいいよ(笑)」
後輩「やった^^ じゃあ今度の晴れた週末に良く通った峠に行って撮ってもらっていいですか?」
僕「お!いいねぇ!久しぶりに2人で行くか!^^」

こうして久しぶりに・・・本当に久しぶりに、ある晴れた週末この後輩と二人カメラ片手に良く通った峠に行くこととなった
d0019260_131114.jpg
道々こうしてポイントを見つけながら後輩と二人車内で思い出話にふけることに・・・
後輩「そういえば・・・エンゾさん あそこのコーナー何キロで抜けてました?」
僕「あぁ・・・あそこはね・・・確か〇〇キロだったかな」
後輩「えぇぇ!あそこやばいでしょ!」
僕「あそこはな・・・60タイヤなら道路の真ん中のデコボコあるだろ?あそこにフロントタイヤ乗っけるんだわ そうすると回転抵抗が出来て引っ張られるから ミゾ落としなんかと一緒(笑)」
後輩「うはははは! だからあのスピードで回れたんですか(笑)」
僕「そうそう!うははは」
後輩「ホント・・・転勤になる前は・・良く来ましたよねぇ・・・ポツリ」

もう下取りが決定している車・・・あまり無理な走りは出来ない
ゆっくりとゆっくりと噛締めるように・・・そして若かりし自分を振り返るように
後輩は懐かしのワインディングロードを流していった・・・

僕「そうだ^^なぁ 止め撮りばっかりじゃなく、動きのあるショット撮ろうぜ!」
後輩「え?走ってるところですか?」
僕「うんうん^^別に熱くなって走らなくてもさ乗ってるところも撮りたいじゃん」
後輩「そうすね!じゃぁ・・・^^」


d0019260_1422332.jpg

始めは・・・ただ大人しく走っていたのだが・・・
そのうち心に火が付いたのか・・・若かりし自分にけじめをつけるがごとく
後輩は、あの日のようにアクセルを踏み込んでいった・・・

ひとしきり走り終えると・・・なんだか照れくさそうな顔でゆっくりと止まり
そして・・・「なんだか売っちゃうのが惜しくなってきました^^;」とつぶやいた 

走りを見ていると・・・分かるのだ・・・そう「まだ乗り足りない」のだ・・・まだ・・・「走りたい」のだ・・・
しかし、後輩は小さなため息を付いた後「ぶつけちゃうと・・・不味いですから 下取り・・・決まってるし ・・・エンゾさん もう行きますか!」
と、踏ん切りをつけるように僕に向けてそう言った


d0019260_152018.jpg
最後に、後輩は名残惜しそうに・・・
若かりし自分に別れを告げるかのように
この「良く来た峠」をもう一度だけ振り返り山を下り始めた・・・

後輩「エンゾさん・・・また来ましょうよここ・・」
僕「おぉ^^いいねぇ 次来る時は・・・二人どんな車で来ようか?」

後輩「・・・うんん・・・やっぱり僕は・・・」



そんな会話をしながら「ある晴れた週末の一日」が暮れていった・・・



この後、この後輩と温泉に浸かって帰ったのでしたが・・・やっぱり話題は
腹の肉の話になりました(笑)
え?僕ですか?僕は・・・相変わらず即身仏みたいな体つきですよ(笑)
貧乏カメラマンは・・・太れるほどのギャラはもらってないのですよ^0^;アハハ(自爆

長い記事にもかかわらず最後まで読んで下さいましてありがとうございましたm(_)m



人気blogランキングへ←ここをクリックしていただけるとポイントが加算されます
今回の記事、写真で「何か良いところがあるかな・・・」と思われましたら
クリックしていただけると嬉しいです

病院のベッドで頑張る子ども達へ
更新しました^^
by enzz3121 | 2007-01-10 02:19 | The Car's
<< 「ポカリさんの写真展に行ってき... 「雨の夜をぶっ飛ばせ!」1月9... >>