タグ:フジフィルム ( 3 ) タグの人気記事

FUJIFILM X-H1 実写の感想

d0019260_23300870.jpg
さて、今日はX-H1の実写の感想です

実機を触ってまず感じたのは、「握りがいいな・・・」そんな感想を思いました。
グリップの高さがちょうどいい感じで、長玉を使った時、力を入れやすいな・・・と思いました。
前回の扉に使った写真は50-140mmを使って撮った一枚なんですが、
長玉を使った時、力のかかる中指のひっかかりが僕にはちょうど良い感じで親指AFを使いながらの撮影も楽に感じました。
d0019260_23400460.jpg
次に、「お!シャッター音が静かだな・・・」と思いました。
なんというか・・・非常に小さい音で「街のざわめきに消されてしまいそう」になるほどの静かさでした。
d0019260_00083024.jpg
また、シャッターを押した感じが良かった。
どう良かったのかと言えば、段差のない無段階に押し込むタイプで、普段使っているX-T2とは違う感覚のシャッターでした。
僕個人としては、この無段階押し込みタイプが好きです。
また、こうした「そっと」押しこむことができるシャッターだと、手ぶれ補正を上手に使うことができるので、
そういう意味でも無段階のタイプが好みです。
d0019260_23415633.jpg
さて、上述の通りX-H1はシャッター音がとても静かです。
ですので、16mmf1.4で撮影した、接近戦のこんな画もワンちゃんを驚かすことなく撮影出来ました。
あ、そうそう、この一枚は新フィルムシムレーション「シネマモード」で撮影してみました。
色域の範囲が広く、ハイトーンの領域が広い印象です。
動画の撮影にも向いていますが、スチールでも十分おもしろい画が撮れそうです。
僕は、16:9にアスペクトを変化させてスナップの組み写真を撮ったらおもしろいかなと思っています。

お次はオートフォーカスの動きです
d0019260_23554287.jpg
この一枚は連続で撮影したものの中から一枚抜粋しました。

確認した時ミラーレスのAFも良くなったなぁ・・・と、思いました。
クルマの写真を撮るとき、僕は「眼」ヘッドライトにAFのポイントを置きます。
では拡大してみましょう
d0019260_23585845.jpg
なんとまぁ・・・ガッチリ合ってますね
シャッタースピードは1/15秒と、さほどスローシャッターではないのですが、
手前には、わざと入れ込んだ「ボサ」いわゆる木や枝が邪魔をしているのでAFを追従させていくには不利な条件です。
しかし、AF-Cの設定を変更(強く掴み続けるように設定)して、AFのポイントの大きさを適切な大きさにしてあげれば、
ご覧の通りしっかりと追従していきます。
ちなみにこのあと、被写体のクルマは、木の間に完全に隠れたり、対向車に隠されてしまったりということもありましたが、
AFは粘り強く被写体のクルマを追い続けていました。
そうそう、この時も手ぶれ補正の恩恵を受けました。
流し撮りの時は、手ぶれ補正がしっかり効いてくれると、被写体を狙いやすいのです。
この時も「IBIS」が活躍してくれました。

もうすぐ「カメラ、レンズ、写真用品」の国内最大のイベント CP+(シーピープラス)がパシフィコ横浜で行われますね。
このX-H1もFUJIFILMのブースで出品されるのと思いますので、みなさま是非お手にとってみてくださいね。
シャッター音の静かさや手ぶれ補正の効きに「おぉ!」と思われると思いますよ。
この記事は、あくまで試作機での感覚です。皆さんが手にされるものはより洗練されてくると思います。

僕はプレスデーの3月1日に行こうと思っています。

留守がちですが励みになりますので↓をクリックしていただけると嬉しいです!
人気blogランキングへ参加しています←コメント代わりにポチッとクリックをお願いします!m(_)m

d0019260_2321633.jpg

雷鳥社さんから「空の辞典」を出版させていただきました
立ち読みはここをクリック

by enzz3121 | 2018-02-26 00:26 | 機材 カメラ レンズ

FUJIFILM X-H1 作例写真 ドイツハルツ地方で撮影してきました

すっかりご無沙汰してしまっております^^;エンゾでございます
先日2月15日に発表されました話題沸騰のFUJIFILMの新型カメラ
X-H1の試作機を使ってドイツで撮影してまいりました。
d0019260_23312227.jpg
X-H1のトピックスは、なんといってもボディ内手ぶれ補正「IBIS」の搭載ですが・・・まずはAFのお話をいたします。
X-H1は、AFの正確さと速度も上がっておりました。
この写真を撮影した時は曇天、かつ黒い被写体とAFにはなかなかシンドイ条件でした。
AFのポイントはいわゆる「顔」の部分の数字プレートに持ってきております。
設定はAF-CでAFポイントの大きさは「中」にしています。
AFのポイントはクロスポイントで取りやすい真ん中付近といえども、これだけ黒い部分が多いと難しいか・・・
と思いましたが、なんてことはなく自然に合焦し正確に追い続けていました。
ちなみに今も昔も、DSLRもノンレフレックスもAFは迫ってくる被写体が苦手です。
けれども、X-H1は正確に細かく検知しながらプレート部分を捉え続けていました。
X-PRO2やX-T2もそうなんですが、ほんとAFが早くて正確だなぁ・・・と思います。
d0019260_23372608.jpg
で、もうちょっと意地悪な状態で撮影してみました。
これだけ雪が降ってくるとこの雪が邪魔になってAFが迷うことがあります。
理由は、カメラが雪を「遮蔽物」として感知してしまうことがあるのですが、
これも指定した数字プレート部分を「粘り強く捉え続けて」おりました。
そうそう、X-H1は防塵防滴でこれだけ雪が降っている中での撮影で、びしょぬれになりましたが全く問題なく動いておりました。

さて!お待たせしましたお次は「IBIS」ボディ内手ぶれ補正のお話です。
5軸で補正を行い、XF35mmf1.4との組み合わせで5.5段分の手ぶれに対応するIBIS。
一体どのくらい効くの?というのがみなさんの知りたいところではないでしょうか?
この辺は、しっかりと試してきました。
d0019260_00003376.jpg
さて・・・この写真シャッタースピードはどのくらいだと思いますか?
ちなみに手ぶれが必要になるシャッタースピードの目安というのがあります。
一般に、「1/焦点距離mm」と言われております。
この写真の焦点距離は140mmですので1/140秒・・・ではありません!
上記の目安は35mmフルサイズでのこと、X-H1はAPS-Cですので、焦点距離は35mm換算で1.5倍となります。
したがって140mmの1.5倍は210mm、すなわち1/210秒が手ぶれの目安となります。
メーカーの発表では35mmf1.4で5.5段分、そのほかのレンズは5段分の手ぶれを補正といっていましたので、
5段分の補正を換算しますと・・・1段で1/105秒、2段で1/52.5ちょっと乱暴でカメラには不利になりますが便宜上1/50秒にします、
3段で1/25秒、4段で1/12.5、5段で1/6秒といったところでしょうか。
さすがに長玉で1/6秒って手ぶれ補正が入ってもキツイものがあります。

あらためてもう一度、上の写真のシャッタースピードはどのくらいでしょうか?
では正解です

なんと1秒です・・・正直おどろきました
細かい撮影データはいろいろ事情があって公開できないんですが、
イグジフには「1秒」と残っています。
もちろん棒立ちでは難しいので、体を壁に押し付け、肘を手すりなどの固定できる場所に置いて、
さらには息を留めて(笑)シャッターを切っていますが、長玉で秒単位の補正が効いているのはおどろきました。
d0019260_01040838.jpg
ちなみに35mmf1.4でも試してみました
これも事情があって詳しい撮影データは公開できないのですが、
イグジフでは3.2秒と記されていました
3.2秒でも補正って効くんだなぁ・・・

FUJIFILMは、X-H1が手ぶれ補正初号機ですが、このあとさらに開発が進んでいけば、
より「ブレ」に強い機構が出来あがってくることが予想されます。
いったい今後のカメラってどうなっていくんだろう・・・テクノロジーの進歩ってすごい
と、撮影しながらそんなことを思いました。

ひとまず、FUJIFILM X-H1のファーストインプレッションをお届けしました。
次は、時期をみて実写で気がついたことなどをお話したいと思います。







留守がちですが励みになりますので↓をクリックしていただけると嬉しいです!
人気blogランキングへ参加しています←コメント代わりにポチッとクリックをお願いします!m(_)m

d0019260_2321633.jpg

雷鳥社さんから「空の辞典」を出版させていただきました
立ち読みはここをクリック

by enzz3121 | 2018-02-21 01:27 | 機材 カメラ レンズ

「たまには現代車・・・アルファロメオ ジュリエッタ Alfaromeo giulietta」

d0019260_12204046.jpg

フジフィルムX-T1+フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

北海道ロケの最中に千歳で車のイベントを見かけました
おやおやおや~なんて思ってスタッフの方にお話を伺うと・・・
ななななな~~んと友人が絡んでいました
いやぁ・・・^^;奇遇というかなんというか
というわけで少しだけなんですが撮影をさせていただきました
その節は色々とありがとうございました

撮影はフジフィルムのX-T1+フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRで撮ったのですが、
昨今のミラーレス機は動体も撮りやすくなったなぁ・・・とシミジミ思いました
AF-Cでピントもヘッドライトをちゃんと追っかけてくれるし
ラグも短くなりました
さてさて、高倍率ズームレンズ久々に北海道でたくさん使ってみたのですが
やっぱり便利ですねぇ^^;詳しい話はそのうちしますね



留守がちですが励みになりますので↓をクリックしていただけると嬉しいです!
人気blogランキングへ参加しています←コメント代わりにポチッとクリックをお願いします!m(_)m


最近は画像投稿サイトピクタバンでも写真をUPしています^^覗いてくださいませ

FUJIFILM X-E2+10-24mmの作例写真の一部を撮らせていただきました^^
(↑クリックすると見られます)

世界11ヶ国の写真家で構成する「FUJIFILM Xシリーズ」で撮ったオンラインギャラリー。
X-Photographersに参加しています
僕のギャラリーが更新されました。(ここをクリックすると作品を見ていただけます)
皆様のアクセスがサイトを盛り上げることになります^^是非アクセスしていただけると嬉しいです!

もう一つのブログ クルマばっかりの写真ブログ「The Cars」もよろしく^^
Check another blog "The Cars" for more car photos...thanks!!


すみません超多忙期に入りましたm(_)mコメントは全て読んでいますが
いただきましたコメントのお返事が出来ない場合があります申し訳ありません


by enzz3121 | 2014-08-28 12:32 | The Car's